記憶の水底

11月22日(水)~23日(木)

なんか友人がぽつぽつとブログやってるの判明してきて面白くなってきた。

     *     *     *

【22日(水)】
7時半とかから仕事だった。なんだそれ。
午後過ぎくらいまで外での仕事。
忙しくなるかと思いきやそんなにどったんばったんはせず、割とぼけーっとしてることもあった。
が、午後過ぎに帰ってからが忙しく、デカい案件を進めながら逐次振られる細々したミッションをこなさなければならず、こちらは本当にどったんばったんしていた。
しすぎて、夕方過ぎにフリーズした。
仕事を始めてからよく経験するようになった、「タスクが自分のキャパシティを完全に上回り、手も頭も全く動かせなくなる状態」になった。
学生時代も自分に課した勉強量が多すぎて一瞬フリーズすることはごくまれにあったが、ここ数か月で経験するそれは数分単位で何もできなくなっていた。
焦りつつ、改めて自分の容量の悪さに辟易するが、今回は少し経ったところで出かけていた上司が戻ってきたため、何振り構わずヘルプを出して対処してもらった。そこからは少し動きやすくなり、仕事をこなし、20時過ぎに退社。
寄り道して図書館へ行き、ブックポストに借りていた本を返してから帰宅した。

帰宅後はアニメを見ながらご飯を食べて、少しゲームをして、友人と通話をした。
通話が始まったのが既に良い時間だっため、1時間くらいで切り上げるつもりだったのだが、
FGOの考察とかで思ったよりも盛り上がってしまった。
結局PCをベッドの脇に持っていってまで通話を続け、翌5時頃、就寝した。

寝る直前あたり絶対変なこと喋ってたやつだよなあ……。


【23日(木)】
仕事の電話で起きる(11時過ぎ)。
元々電話はくる予定になっていたので、少し慌てつつも対応し、事なきを得た。
先日までの休日出勤といい、段々に仕事とプライベートの境界が無くなっている気がしてきて、怖い。
正直、この職種でその境目が無くなるのは人生において致命的な障害に繋がる気がしてならない。
今後、今以上にどんどん公私の別が曖昧になりそうなら、早い段階で対応策(助けを求める、逃げる)を考えた方がいいと、そんなことを少し、考えた。

午後はアニメを見まくる。見まくったよ。見まくったので列挙しますねー。
Fate/Apocrypha
宝石の国 ×2
アイドルマスターSideM ×2
アニメガタリズ ×4
仮面ライダービルド ×2
Infini-T force
あとはバラエティ番組も諸々、だいぶ録り溜めていた番組を見ることができた一日だった。
番組を見ながらFGOクリスマスイベも回していたので、そちらもだいぶ進めることができた気がする。10箱は開けられそうにないけど!

夜、少し高めのお肉を焼いて、失敗して、失敗したお肉を食べた。
源たれを使って調理したので、源たれの味がめっちゃした。
昔、幼馴染から「君の作る料理は源たれの味がしそう」といわれたことを、思い出す。

ご飯を食べたら不意につらさが押し寄せてきて、数分ほど動けなくなった。そういう時はカーペットに横になり、ぼーっとするのが常。
つらい気持ちが来てしまうのはまあ、こういう性格なので、しょうがないといえばしょうがないのだが、
せめてどういう条件下で気分の落ち込みが起きるのか、くらいは知っておきたい。
急に来られるとこちらとしても困ってしまい、独りでみっともなく泣いたりすらしてしまうので(本当にみっともない……)。

ぼーっとしていたら寒くなったので起き上がらざるをえなくなり、お風呂に入って、マンガを読んだりTVを観たりした。
後輩から借りたマンガ「ねねね」は、清さんと小雪さんが可愛すぎて心が温かくなった。温かくなりすぎて、読み終わったあと少し泣いてしまった。いいなあ。はやくあれになりたい。
このはな綺譚」7話では、久しぶりに嗚咽が漏れるほど泣きじゃくった。自分の性格と将来を悲観する少女の話も、仕事と家族に関して思い悩む少年と男性の話も、今の自分の精神状態に滅茶苦茶刺さったため。

涙を流すと気持ちがすっきりする、とはよく言うが、私の場合特にそんなことはなく、引き続き感情の暴走は止まっていない。
止まらないままとりあえずブログを書くか~とこのページを開きがてら友人たちのブログを発見し、少し読んで、触発されて、
いま自分のブログを書いていたところ。

いつもより割としっかり書いているのは、日記をつけはじめた彼らに負けたくないという劣等感から来たものなのか、彼らからエネルギーをもらったからなのか。
ま、物は言い様なのだろう。
こうして事実を書き遺してるはずのブログだって、物は言い様、
つらい気持ちに対する誇張表現くらいなら、いくらでも使っちゃっているのかもしれない。

なんてね。(オチたか?)

11月21日(火)

誰かの誕生日だったような気もするしそうでもない気もする。

少し遅めに出社した。つらかったため。
仕事はたくさんあるようで、書き出してみるとそうでもなく、しかし会社にいるうちやることは増えていった。仕事ってそういうものね。
20時ごろ退社する。
帰宅途中、久々に寄ったコンビニでかわいらしい店員さんから「ご無沙汰です」と声をかけられて舞い上がるなどした。

帰宅後はアニメを数本見て、録画していたバナナゼロミュージックを見た。
風呂に入り、今に至る。

現在、部屋がかなり散らかっているのだが、偏に一日まるっとした休みを取れていないからだと思う。
より正確に言えば、まるっと一日この部屋にいることが最近はほとんどないからだと思う。
今週は3日休みがあるので(あるはず)、どこかで一度部屋のリセットをする必要があるなあ、と感じた。
そろそろ録り溜めたアニメも一通り回収して、読書や執筆にも時間をさけるようになりたい。

というかアニメも見てない本も読んでない文も書いてない状態の私、本当に何?(生きてると言えるのか?)

11月18日(土)~20日(月)

【18日(土)】
目覚めると実家の部屋の天井が目に見えるこの小さな幸せ #tanka
日勤である母親を玄関で見送り、自分は二度寝をし、10時ごろ起床し、祖母といろいろ話をしながら朝食をとる。
午前中は基本的にだら~っと過ごした。本などを読んだ記憶もあるが、大体は実家のリビングでだら~っと過ごしながら、祖母と話したり犬様と戯れたりしていた。心的な辛さが少しあったあとなので、こういうぼやーっとした時間が必要だった。
昼過ぎ、ご飯を食べた後、外出。車の鍵が見つからなかったり、鍵の電池が切れていて車が開かなかったりというハプニングはありつつも、1時間弱本屋に出かけてきた。うみねこのなく頃にEp8の6~8巻を買った。
そこから更に車を走らせ、出張帰りの父を迎えに行く。親の仕事帰りに迎えに行けるというのは、なかなか幸せポイントが高いような気がする。
帰り際、後輩の家に寄ってオタク・アイテムを預けたらその倍以上のオタク・アイテムを託されてひっくり返るなどした。

16時前に帰宅し、家族と話したり、仮面ライダービルドの1話を漸く見たり、本を読んだりした。
17時半ごろ、出発の準備をし終え、今度は父の運転で新幹線駅へ。18時過ぎの新幹線で、弾丸帰省を終えたのだった。
新幹線では複数回の乗り換えを経つつも、車内でうみねこの漫画を読み進め、またひとつ人生の伏線回収をしてしまうなどした。

21時ごろ拠点に戻り、会社に寄って車の鍵を取り、会社を出、と思ったら忘れ物をしたことに気付き、慌てて会社に戻り(途中道を間違えてかなり焦った)、忘れ物を回収して再び会社から出、帰宅して、22時過ぎ。
夕飯は新幹線内で食べたからよかったものの、今日という日の残り時間の短さに絶望した。
絶望しつつ、ラブライブ!サンシャイン!!7話を観て、おしまいになっちゃった。
どうしようもなくつらい感情が襲ってきたので、そのまま死んだように横になる。


【19日(日)】
仕事だった。クソ寒い。
移動中、雪が降っている中車を走らせるなどし、冬に運転したことのなかった私はそこそこ焦った。
焦ったが、幸いにも事故を起こすことは避けられたのでそれだけでかなり偉い(本当は事故っていて、いまこうして生きている世界が昏睡中の夢の中であるという可能性は捨てきれない)。

クソ寒い中での仕事だったが、そこそこ休みつつできたので良い。
あとギャンブルでプチ勝ちをするなどした。

仕事が終わり、帰りに夕飯の食材と録画データ保存用のBD-Rを購入し、帰宅。
アニメを少し見ながら食事をし、疲れて横になり、2時間ほど意識を失い、慌てて起きてアニサマを途中から見て、風呂入って、寝た。

休みの日にやりたいこと全然できてないや。


【20日(月)】
たくさん仕事をした(超適当だ……)。
23時前に退勤する。つらい。

帰宅後、食事をしながら少女終末旅行を見、うきうきでUQ HOLDER!を待機してたらアニメ開始直後にジュースをカーペットと毛布にこぼして本当に気分が沈んだ。慌てながら後処理をしていたらアニメが終わっていて、哀しかった。哀しすぎて丁度LINEをしていた母親にリアルタイムで落ち込み具合を報告するなどした。

あとはゆゆゆPVを観ていろいろ考え、おしまいになり、風呂に入って、今ここ。
退勤が遅かったからある程度仕方ないこととはいえ、ここまで夜更かししてしまうのはなるべく避けたかった。
このままだと本を読む時間もアニメを見る時間もない。もっといえば小説も書きたかったのに。
自分の時間が持てないってつらいなあ、と思いつつ、まあその時間がふいになっているのは半分以上自分のせいなんだよなあ、とも思いつつ、
穏やかな悲しさを自覚して寝ることにする。

11月15日(水)~17日(金)

つらつら日記、始まるよ~(表現が少し気に入った)

     *     *     *

【15日(水)】
違うところでの仕事(だったと記憶している)。
仕事量が多く、てんやわんやになりながらいろいろ捌いた。
捌いたが、ただ指示されるがままに仕事をしているだけなので、偶に、これは私がやらなくてもいいこと……と自分の不要を考えてしまうことがある。まあ、だからといって主体的に仕事を回せる自信も技術も全く無いのだが。
20時くらいまで仕事をし、退勤をした。

帰宅後は異常な眠気があったため、これは朝まで寝るコースのやつだな~という自覚を珍しくもちながら布団に入り、そのまま本当に朝まで寝た。


【16日(木)】
光になろう(光になりたい人がそれぞれの光を投稿するウェブサイト)
↑これすき(自分で言った)

昨日9時間ほど寝て、疲れた。寝すぎてもあんまりよくない。私の適正睡眠時間とは一体。
仕事は遠出をし、遅い時間に帰ってきてから仕事があったため、遅くまでの仕事となった。
22時くらい。
帰宅後、Infini-T forceを観て、アニゲー☆イレブンを観て、このはな綺譚を観て、十二大戦を観て、寝た。


【17日(金)】
出勤途中、携帯を忘れたことに気付いて取りに帰り遅刻するなどした(特にお咎めはなかった)。
仕事はめちゃくちゃ忙しく、終わらないものが何点かあったしあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいまそれ思い出してつらくなった(ライブ感がすごい日記だ……)
夕方頃、仕事終わんねえ!!!!!!!!!!! と言いながら会社を飛び出し、新幹線に飛び乗った。
気が狂ったのではなく、出張のため。
というか今日終始焦っていたのは、この出張に間に合わせるため。

出張先では同期の皆様と会い、会議を2時間弱、会食を3時間弱行った。
皆それぞれの地で頑張り、つらい思いをし、やりがいを感じ、未来への意識を持ってるようだった。
それにすごく、劣等感を覚えた。
唐突に独り語りを始めると、自分は23年間、ずっと、ずっとずっと、劣等感を原動力に生きてきた。
自分より人気の同級生に劣等感を覚えて集団のリーダーになろうとした。自分より遊んでいるような友人の方が好成績なことが許せなくて必死に勉強した。自分より上手い文章を書いて自分よりどんどん文章が上手くなっていく部活の同期と差をつけられたくなくてひたすら小説を書いた。勉強も、趣味も、人間性さえも、自分よりずっとすごい人が山ほどいて、自分よりすごい人しか周りにはいなくて、そんな人と会うたびに自分がいかに才能も、心の強さも無く、努力も忍耐もできない情けない人間なのだと思わされてきた。思わされ続けてきた。
そんな劣等感を、社会に出てからも感じることになるのは、考えてみれば当たり前だけれど。
彼らが淡々とこれまでの仕事内容を報告したり、少し照れながらもこれからの抱負を話したり、仕事や人間への愚痴をこぼしたりする顔を見て、どうしようもないコンプレックスを感じた。
感じて、自分にどうしようもなく嫌気が差した。
皆はこんなに頑張っているのに、自分は頑張っているふりだけして何もやってこなかったんじゃないかと。
皆もつらい思いをしているのに、自分のつらさなんて全然大したことなかったんだろうと。
皆が前を向いてしっかり進んでいるのに、自分はどうして後ろばかり向いて、悲観のぬるま湯に浸かっていい気分になっているんだろうと。

皆と会えたのは本当に有意義で、彼らから聞きたかったことはたくさん聞き、こちらの話したいこともいろいろ話すことができた。
けれど、彼らに対する暗い気持ちが顔を出してしまったことが、いまはすごく、苦しい。
そして、これまではあった「劣等感からの気概」が今回はほとんどないのが、また、嫌だ。
これじゃあただ、何もしないのに他人に嫉妬ばかりする人になってしまうなあ。

……あ、ここまでは私のふかーくふかくで感じたモノローグなので、同期との会合自体は普通に楽しかった。気心の知れた人とおしゃべりできるってのは、内容如何によらずそれだけでいいよね。

22時過ぎに解散となり、私はそこから更に弾丸で帰省をした。
24時過ぎに実家へ帰る。本当に弾丸。
横になりながらも起きて待ってくれていた祖母に挨拶をし、次の日も仕事なのに起きて待っていてくれた母と上記の会合の話や、たわいない世間話をしてから、25時過ぎに眠りに就いたのだった。

     *     *     *

なんか17日の日記で変なスイッチ入って疲れちゃったので、今日(18日)の日記は明日(19日)まとめて書くことにします。
ぽやしみ~(執筆体力が本当に無い)

11月9日(木)~14日(火)

約一週間日記書かないの本当にだめじゃない?(自戒)

     *     *     *

【9日(木)】
虹を見て出勤する。
仕事は忙しかったり忙しくなかったりし、帰りに上司と軽く夕食をし、帰った。
上司とは有意義な話があり、会話の重要性を感じるなどした。「飲み」ではなく、この程度のコミュニケーションは時々には必要なのだろうなとも思った。

帰宅後は少し通話に入り、アニゲー☆イレブンを見、このはな綺譚を見て永遠に泣き、寝た。


【10日(金)】
出勤中にギリギリFGOイベの全ミッションをクリアする。
ほしい素材の回収と高難度イベへの挑戦はならず、しょんぼりした。

17時過ぎにいったん退社し(別のところ)、18時半再出社し、うえ~となりながら20時過ぎに帰宅。
次の日めちゃくちゃ早かったので、少女終末旅行を見た後、23時半頃寝た。


【11日(土)】
仕事だよ。
5時に起床し、6時10分、出発。7時半から仕事。
疲れた。疲れたが多忙というわけでもなかった(が、休日出勤は嫌なのじゃ)。

18時半ごろ帰宅し、帰りしなに買ったUQ! HOLDER15巻で永遠になり、BS11でやってた映画ラブライブ! を観ておしまいになり、ラブライブ!サンシャイン!!6話を見て昇天し、24時過ぎに寝た。

あ、初めて馬券を買った。
単勝3つで全滅した。

【12日(日)】
仕事だぞっ。
5時に起床し、5時45分、出発。7時から死事。
朝からあまりに疲れており、昼休憩中に20分ほど仮眠した。何気に仕事中の休憩で眠りに落ちたのは初めてか?

17時半ごろ帰宅し、ゆわし6話とプリアラを見た後、再出勤。

出張に出かけた。
車で3時間半ほど移動し、22時半過ぎに出張先のホテルへ到着。
疲れた~となりながらうまるちゃんを見、本を少し読んで、25時前に疲れて寝た。
夜、家族LINEで犬様がカメムシと乱闘し鼻頭を擦りむいた事件が流れてき、犬様の若さに少し安心するなどした(傷はすこし心配だが)。

今日も馬券を買った。
ワイド1つが的中し、ギャンブルにはまりかけるなどして、怖くなった。


【13日(月)】
出張先で仕事。
いろいろ動き回り、忙しさを感じた一日だった。
こういうとき、実際に働いている状態ではなかなか気づけないものだが、仕事がひと段落すると一気に心身への負担がかかってくる。帰路につく車を運転している最中、肩・首の痛みと思考の靄が酷く、同乗者に悟られないようにするのが大変だった。

22時半ごろ帰宅。本当に疲れちゃったが、明日も仕事なので、気が重い。


【14日(火)】
仕事がつらかった。
やることがたまりそうで怖かったが、午後休をとった(怖い以上につらかったので)。

帰宅後は録り溜めたアニメを見たりクイズ番組を見たり、本を読んだり勉強したりした。有意義。
だが、途中途中で不意によくわからないつらさが押し寄せてきて身体が動かなくなる。人生に支障が出るので本当にやめてほしい。
……よくわからないつらさとは言ったが、結局現状への不満からくるストレスがもたらしているものなんだろう、というくらいの自覚はある。
だからといって、それを消したり、現況を打開したりできるような何かを考えているわけでもないけれど。
「ぼんやりとした不安」とか、「緩やかな死」とか、そういうフレーズが思い浮かばれるなあ、と思った。

夜は久々に米を炊いてごく簡単に自炊をした。
このあと風呂にはいり、少しアニメを見たり本を読んだりしたのち、寝る。
明日は忙しくなりそうなので、明日が来るのが怖い。
忙しくなくても明日もつらいことは多々あるので、いずれにせよ人生が怖い。

     *     *     *

語彙力の深刻な低下

11月6日(月)~8日(水)

【6日(月)】
昨日寝る前に、ここ数か月の悩みのひとつの根幹にふと至り、僅かな安堵を得た。
かといって誰かに話すわけでも、今言語化できるほど整理しきれてるわけでもないのだが。

日中はお仕事がたくさんあり、昼休みが30分だった。
午後はお出かけなどをした。そのため仕事が残り、21時まで残業をした。
帰宅し、夕飯を宝石の国だけ見て、アー風呂にはいらなきゃなーと思いつつなぜか布団にもぐりこみ、そのまま意識を失った。

現場からは異常です。


【7日(火)】
夜中、浅い眠りと淡い覚醒を何度も繰り返した。
途中、久しぶりに人を殺す夢を視、最悪だと思った。なんならそのせいで一日体調不良だった。

仕事は突発的業務からのおでかけ。お昼ご飯をゆっくり食べられず、苦しかった。
また仕事が立て込み、今日も21時を過ぎての退社。定時直前に仕事が増えるのは悪。

帰宅後は昨日の教訓を活かし、いろいろなことをやれるよう努力した。
努力しただけで、実がついてきたわけではない(やることをほとんどやっていないので)。
妹さえいればいい。を見、日曜までの書き溜めた日記を書き、寝た。


【8日(水)】
ギリギリに起床し、ギリギリアウトで仕事を始める。
仕事がつらい。
つらいので話をしない。

20時過ぎに退社。本当は昨日やるつもりだった荷物の発送を行った。妹に。誕生日プレゼントを。送った。
夕飯を食べつつ、アニメを3本ほど視聴。キノの旅の「嘘つき達の国」が良すぎて泣いた。
本を読もうとしたが、もう時間がない。せっかく日中こっそり図書館に行って借りてた本の延長を一冊ほど頼んだのに(名画で読み解く「世界史」)。
あとは、休みなしで仕事と長距離移動がつらいよーなどという話を父に連絡したりもした。

だめだ、頭が働かない。だいぶ適当だけどこんなもんでいいでしょ。いいよね? いいよ~。

11月2日(木)~5日(日)

まーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーた書き溜める。

     *     *     *

【2日(木)】
違うところで仕事をしたところ、退社後精神が躁状態でも鬱状態でもない極めてニュートラルな状態になった。
不思議を感じた。
帰宅後、無性にラーメンが食べたくなったが、途中で足に激痛が走ったためラーメン屋には足を運ばず、近所のコンビニでカップ麺を買うに留めた。

部屋ではJust Becauseを観て夏目美緒さんを推すことに決め(僕の好きな苗字の女の子だったので)(嘘)(僕の好きだった幼馴染と同じ名前の女の子だったので)(これも嘘)、
オタクとの通話を行い、アニゲー☆イレブンで久保ユリカさんと水瀬いのりさんとのやりとりを観て永遠になり、
通話が途中で切断されたので疲れて寝た。


【3日(金)】
9時に起床。
朝食を取りつつ仮面ライダーを見て、洗濯をして、掃除をして、荷物支度をして、12時過ぎに部屋を出る。
4日が祖父の命日だったため、新幹線に乗り、故郷へ帰った。
移動中はやたら眠く、寝る、というよりは意識を失うような感じで移動時間の大半を過ごした(湯船の中で寝落ちするときの感覚に近かった)。
そのため読もうとしていた本はほとんど読めず。Train Vertとか。

駅に着くと両親が迎えに来てくれており、二人と祖母・犬様の待つ実家へ帰宅。
お菓子を食べたり積もる話をざっとするなど少し時間をつぶす。
夕飯前、父と夕飯の買い出しに出かけ、久しぶりの近所の街並みを眺めた。
今回も本屋に寄ることができたのはよかった。

帰宅後、以前録画してもらっていたテレビ番組を見ながら夕飯を食べる。
炊き込みご飯、ピーバーグ、刺身、ポテトサラダ、等々。美味しかった。
ただ、テレビをつけながらだったため、相対的に家族との会話が少し減ってしまったのは今思えば反省だ。
もう少しいろいろ話したり、聞いたりしたいことがあったはずなのに。

夕飯後は漫画を読んだり、本を読んだり、皆とちらほら話をしたりする。
24時過ぎ、なぜか心がウアーとなってしまい、少し心配をされながら部屋の布団にもぐりこんだ。


【4日(土)】
昨晩部屋の布団に潜り込んだのち、部屋の電気を消さずに寝てしまっていたらしい。
9時起床。
朝食を食べたのち、11時頃家族と外出。
祖父の命日だったので、墓参りに行ってきた。
忙しい中ではあったが(実際何個か仕事を断ってきてしまったが)、このタイミングで墓参りに来ることができてよかった。
自分はこの家の長男であり、いつかは父から家を継ぎ、墓守の役目を継ぎ、家の名を継いでいく人間なので、
こういうことは大事だな、と改めて思った。*1

一度帰宅したのち、再外出。
紅葉を見に行ってきた。
道中の食堂でラーメンを食べ、道の駅により、紅葉を見てきた。

f:id:orangemillefeuille:20171108011138j:plainf:id:orangemillefeuille:20171108011143j:plain
最高。

もっといえば温泉などにも入り、最高の休日かー? となった(実際に言ってはいない)。
私の運転で帰路に就き、18時ごろ帰宅。

また、19時からは外で食事会を行った。
食事の間わたしはアルコールを入れなかったが(食事会でアルコールを入れるのがすっかり怖くなってしまったので)、酒の力は借りずにいろいろ話をすることができた。
私の仕事のこと、かつての思い出話、今回は帰省できなかった妹たちのこと、妹の恋愛事情のこと、妹の近況のこと、妹の就職活動のこと、etc.
話しながら少しつらくなってしまい(私の仕事と妹の就活のあたり)、突然おちゃらける変な人間のふりをしてしまったこともあった。
自分は人前でつらい気持ちになると急にふざけたり、他人に対して妙に気を遣ったりして誤魔化そうとするらしく、今回もそれをやってしまった。
つらいときにつらいといえるようになりたい。
あと、いくらアルコールが苦手とはいえ、せっかく家族と食事ができる機会だったのに皆に合わせずノンアルで済ませたのは悪いことをしたかな……という反省を後でした。
明言こそしなかったが両親と祖母は私とお酒を飲みたがっていたし、酒が入ったところで社会と違い彼らが私に害をなすことはないはずなので、やはり少しでも飲めば良かったかな……という後悔がある。
年末はみんなと一緒に飲めるよう頑張ろうかな。

21時過ぎに帰宅し、会話をしつつ、アニメを見て、26時前に寝る。


【5日(日)】
日曜日が来るのが嫌すぎて寝坊した(は?)
午前中は両親のPCの不具合を診たのち(解決はしなかった)、髪を切りに行ってきた。
幼稚園時代から付き合いのある美容室で、ざっと1時間。店主のおじさんといつもよりもお話をできた気がし、楽しかった。髪も丁度いい長さになった。
帰宅後昼飯にうどんを食べ、午後、両親と買い物に行く。
食料や衣服などを買っていただいた。会話では「特に欲しいものはないよ」「持って帰るのが大変だから……」などと買ってもらう食料や実家から預けられるお菓子を断っているが、ああして気を使ってくれるのは本当にありがたい。素直に感謝できなくてごめんねみんな。
帰宅すると17時で、うあー嫌だ嫌だと言いながら適当に帰り支度を済ませ、18時半、皆に見送られながら新幹線で拠点へと向かうのだった。*2
帰りの新幹線で見た故郷の街並みと天に笑む十六夜月の景色が、妙に瞳に焼き付いた。

拠点に戻ったのち、今後の自分のtodoを可視化するためマインドマップを作る。
が、途中から何故好きなことをするのに図表やスケジュールを作る必要があるのだろう? と自問してしまい、途中でマインドマップ制作を中断した。
todoが多くなっていることに加え、そもそも趣味を「すべきこと」と解釈している最近の自分はおかしいのかもな、とも少し思った。
最近また風呂敷を広げすぎているのかもしれない。両掌に収まるくらいの趣味で無理せず楽しくやっていきたい。
多分当分無理なんだろうなあ。

連休実家に帰れたことで比較的心は穏やかに保ちつつ、しかし慢性的に精神を苛む僅かな心の騒めきは知らないふりをして、眠る。


     *     *     *

連休中、家族から何度か仕事に関する話や「何か悩みは無いか?」と訊かれたが、上手く答えられなかった。
それに応じられる回答はいくつも胸中にあるはずなのに、どうしてか打ち明けられなかった。
3連休で帰省し、家族に会えたことはそれだけで嬉しいことだったが、上述のことだけが少し、かなり、心残りだ。

平日に入ってからのことは明日まとめて更新する。
今日はもうつらいので(8日1時30分を過ぎたところ)。

*1:こんなことを言うと何故か周りから不思議がられたり、下手をすると家制度に拘った考えの古い人間とまで言われてしまうことすらある。別にいいじゃん。私のポリシーにケチをつけるな。ぷんぷん。

*2:両親は新幹線駅まで来たが、祖母と犬様とは家先で挨拶を済ませた。犬様はクリスマス前に誕生日を迎えるので、「次は18歳になって会おう」と言葉を交わしてきた。