記憶の水底

2018年11月5日(月)~9日(金)

明けた!?


     *     *     *


【5日(月)】
もはや覚えてもいないので一回休み
具合は悪かった


【6日(火)】
仕事終わって会社出たらFGO緊急生放送が20時から始まる報を友人からのLINEで知って文字通り走って帰宅した。
生放送は☆4配布のやつだった。
あとはプリキュア映像の一部を公式がyoutubeにあげていてまたプリキュアのことしか考えられなくなったり。
アニメを観て、寝る。


【7日(水)】
滑り込みFGOイベント高難度クリア。
夜はローソンで復刻仮面ライダーキッズ(指人形)を買った記憶しかない……。
ああ、あとクイズをexcelでまとめはじめた。ネットに漂っている動画とかクイズ大会の過去問とかの問題を自分用にまとめた感じ。
小説を書け。


【8日(木)】
このTwitterによれば……絶対定時に帰るつもりで20時前に退勤していたらしい(?)
あとは実家のお犬様が旅立って半年たったので、追悼したりした。
その直後にゾンビ見てハジけるのは我ながらなかなかキマってるなあと思う。


【9日(金)】
今日はね、比較的歳の近い人達と飲み会でちた……。
まあお相手のフリが良かったおかげでなかなかはじけたりもしてしまったが、先週の体調不良がまだ若干尾を引いていたこともあって一次会で離脱がかなう。
帰宅後、禁書目録でフレ/ンダを見て悲しくなって、寝た。

10月29日(月)~11月4日(日)

二、三行日記(冬休みなので)*1


【29日(月)】
前の日めっちゃニンニク入りらーめん食ったせいで人間としてかなり危険だった。最終兵器オタク。
プリキュアのことがまだまだ頭から離れない。離れなさすぎて職場で何度か泣きかける。
夜、渕上舞お姉さんをTVで観てなんでこんな美人なの?(半ギレ)になる。


【30日(火)】
なんかオタクと通話したことは覚えている。
11月末の旅程を考えたりした。


【31日(水)】
佳村はるかさんと諏訪彩花さんの旅番組を観てはやく女性声優になりたいと思った。


【11月1日(木)】
もうずーーーーーーーーーっとプリキュアのことばぁーーーーーーーーーっか考えとる。
なんもかんもプリキュア。がばいプリキュア

23時近くまで残業。明日代休の代償。代休の代償ってなんだよ代休の代償は労働じゃろがい。
帰ってきたらスマブラの生配信放送をやっていたのでそれをチラリと見る。零と灯火の星でおしまい。
あとはゾンビィ見てホライゾン読んで翌日の荷造りしようとするも眠すぎて4時くらいに3時間の仮眠を試みる。


【2日(金)】
8時過ぎに起きた。
仮眠、この世で苦手なもののかなり上位に来る。

やがて君になるとかを見てから急いで支度。
11時頃、行動開始。
新幹線で、2泊3日の帰省に繰り出してきた。

14時過ぎに故郷に到着。意外と寒くない……。
夕飯を頂き、酒を飲み、若干具合が悪い。若干具合が悪いので何度か微睡みながら夜を過ごし、そのままこの日は何かをするわけでもなく、なんなら家族ともあまり話さぬまま、寝た。


【3日(土)】
起床。ウルトラマンR/Bをリアタイ視聴する。なんでこっちでテレ東見れるの里帰り再就職していいか?
朝食をとったのち、やはり体調がすぐれず、そのまま眠る。
昼過ぎに再起床。家族と少し話をした結果、父母と出かけることになり、父の運転で外へ。
まさかこの歳になっておとうさんとおかあさんと一緒にトイザらスに行って仮面ライダーのオモチャを買うことになるとは思わなかった。だってゲンムライドウォッチ欲しかったんだもん。
なお自腹。
昼食は隣接するモール内の有名なラーメン屋にて。このあたりから鼻水が酷くなる。思えば結構体調やばかったんだな。
らーめんは普通に美味しかった。リピートできる。
あとは遅まきの誕生日プレゼントで、財布を買ってもらう。黒の長財布。好き。

帰ってから少しすると、叔父一家が来訪した。彼らと夕飯を取る。
が、この頃にはだいぶ具合が悪く、それゆえか割と珍しく機嫌も悪かった。具体的な怒りの矛先が無い状態で苛々が発生するのはかなり異例だったので、自分でもまずい気がする、と思い、あまり夜を徹せずに就寝するのだった。


【4日(日)】
寝て起きると具合はかなり良くなっていた。とはいえ病み上がり感も否めず、おっかなびっくり生活を再開。
午前中は叔父一家と我が家で祖父の墓参りへ。
命日だったのだ。秋晴れが心地良かった記憶がある。

昼頃、叔父一家は帰路に。
その後母も夜勤に出て、私もぐうたら過ごしつつ、夕方には旅立つ準備をし、夕食を取った後出発。
父と祖母に見送られ、新幹線でベースキャンプへと再び移動するのだった。

帰宅後はアニメを3,4本見て、「例のアレ」を更新したのち、寝た。
f:id:orangemillefeuille:20190102005601j:plain
これ


     *     *     *


二、三行……?

*1:この文化ギャグ伝わるよな?

10月25日(木)~28日(日)

これは、まだ未来に待ち受ける運命を知らない頃の物語。*1

     *     *     *

【25日(木)】
とりあえず何事もない日ではあったのだが、しこたま仕事量があった一日。
21時に退勤する。
実は翌日家族が来訪する為、今日は早めに帰って散らかりに散らかった無法地帯の自室を片付けたかったのだが……このざま。
結局帰ってからもしばらく休んでしまい、自室整理を始めたのは日付も変わろうかという頃だった。
ゾンビランドサガを挟みつつ、とりあえず数時間で最低限の片づけを済ませる。

で、27時前、やっとこさ一息ついて、まず寝よう……と、したところで、
地震がきた。
27時半過ぎだったろうか。微睡んでいたところに急にスマホ2代からアラートが鳴り響き、飛び起きた。
直後、比較的大きな揺れ。
やたらにビビったが、幸か不幸か心臓が縮まった以外の被害は出ず。
なんかもやもやとした気持ちを抱えつつ、そのまま眠りにつくのだった。


【26日(金)】
午前~昼直後にかけて、近場のあいさつ回り。
で、本来なら今日は半休となり、帰れるはず……だったのだが。
例によって"待ち"の仕事が発生し、予定では15時頃帰る予定だったところがどんどん延び、結果、早上がりといいつつ帰宅できたのは17時も過ぎた頃の話だった。
しんど。

で。
帰宅し、来訪する家族連中を待つこと1時間ほど。
執筆をして待っていたところに、皆はやってきた。
今回来たのは、父、母、祖母、そして叔父の4人だ。
同じ地に住む大叔父が病に伏したため、その見舞いを兼ねた来訪だった。が、私の仕事が予想外に延びてしまったため、見舞いは私がひいこら行ってる間に先に行ってもらっていたのだった。
皆、車移動+親戚付き合いで既にそこそこ疲れていたようだったし、祖母に至っては数日前から体調も悪かったらしい。
それでも一息ついたのち、皆、夕飯に付き合ってくれた。
夕飯は色々と悩んだが、祖母の不調もあってさらりと食べられるところで、夜の街に全く明るくない(夜だけに)私でもわかるところ、ということで、回転寿司へ。本当に風情がない。
1時間ほど食事を楽しみながら皆の積もる話に耳を傾ける。帰り足にスーパーに寄って夜食やら飲み物やらを買い、帰宅。あとは飲んだり駄弁ったり足マッサージを叔父に仕掛けられて死ぬほど痛かったけどシャワー浴びてあがったらむしろ足が軽くなって自分の疲労スゲーとか思ったりした。
0時過ぎ、皆もやはり疲れがあったのだろう、誰ともなく布団に入り、消灯と相成るのだった。


【27日(土)】
8時に起床。
やってきた家族たちと今日は外出……ではない。
酷い話だが、今日はまさかの、会社行事だった。
折角来た家族とは行動を共にできず、朝、作ってもらった食事を頂いたのち、父母に車で送られて出社。
会社行事は、まあ、BBQ大会だった。
10月の暮れに。しかも天気が滅茶苦茶悪い日に。

私は行き帰りの運転役だったため、酒を飲まなくてすんだが、それでもなかなかハードな会だった。いや、会自体は楽しかった、というのが正直な感想ではあるが、なにぶん風がありえないくらい強く、「いかに風の魔の手を逃れて飯にありつくか」みたいなアトラクションめいていたのが恐ろしい。飛ばされる小物を取りに都度全力疾走したり、テントが飛ばされないよう全体重で支えたり、飛び散った食い物やら飲み物を拭いたり、いやこれバーベキューか?

お開きになり、帰宅したのは17時過ぎの話だった。
そこから疲労でばたんきゅ~し、再び意識を取り戻したのは20時過ぎ。
昨日観なかったアニメを見たり、家族たちが無事帰宅した報せを受け取ったり、土曜激アツアニメタイムを楽しんだりして。

26時前に眠る。


【28日(日)】
今日はようやっと休み……ではなく、仕事。

8時半に起き、プリキュアは視聴する。
で、その流れで着替え、持ち帰ってきていた車に乗って上司を拾い、仕事先へ。
実務があったというよりは挨拶と立会い的なもので、午前中内にさらりと終了する。

帰宅し、数時間前に見きれなかったニチアサを回収したり漫画を読んだり、競馬を嗜んだりする。
16時過ぎ、いよいよ我慢できなくなり、外出。
18時から――プリキュア映画を観てきた。

今回は絶対泣くなあ、とは思っていたが、案の定、だめだった。
というか90分上映のうち3分の2以上は泣いていた自信がある。初っ端から泣いたし中盤の「ふたりは」パートから「リワインドメモリー」、そしてラストバトルの「プリキュアオールスターズメモリーズ」、ラストシーンまで全部が刺さりまくった。オルスタバトルの時泣きすぎて軽く息できなくなった。そのくらいやばい。
ただひとつ惜しむべきは映画パンフレットが既に売り切れていたことか。まあ、そうでなくともこれは何回か見る価値がある(というか、1回見ただけだと色々な意味で目が追い付かない)ので、また観に行ったときに購入しよう、と決意し、劇場を後に。

帰り道にラーメン屋へより、ニンニクマシマシな二郎系ラーメンを啜って帰宅。
なんなら帰ってからも映画のことを思い出して何回か泣き、そのまま布団に入ってからも泣き続け、21時頃、泣き疲れて寝てしまうのだった。

赤子か。

*1:そうか???

ご報告。

というわけで来週後半くらいからひと月くらい東京暮らしになった。


まー出張扱いだしこっちの部屋は引き払わないし、年末年始はフツーに帰省するしなので、
ちょっと気合入った気分転換、くらいな感じで自分的には受け止めている。

だからどうこう、というわけでも全く無く、まあ、物理的に近い人々は有事の際はよろしくです、と。

あとブログを書いてる身としてはやっぱ一回くらい「ご報告。」ってタイトルのエントリー出したいじゃん?


なんて、そういうわけで。
久々にタイムリーな話題で、珍しく外に対するメッセージとして、ブログを扱ってみた感じなのであった。

いやそれより何より日記としてブログを扱えよ、とか、
うん、今回のはそういうオチで。

10月22日(月)~24日(水)

――そろそろ終わりにするか。(積み日記)


     *     *     *


【22日(月)】

いかにTwitterを見ながら思い出そうとしても約2か月前のことなんて微細は記憶から抜けているし初っ端からTwitter引用とかいうズルい手法を使うことでしか""自分""を遺せない。
まあ、これを観る限り「胸を刺す衝撃」で頭がいっぱいの週初めだったんだろうな、という感じ。もう既に他人事。

仕事が終わって部屋に戻ったのちは、前の晩リアルタイムで観れなかったリリスパとひもてはうすを観た。
あとはAnison daysとアニゲー☆イレブンが両方ともプリキュア回だったので、こちらはリアルタイム視聴しながら大暴れしていた記憶がある。
この頃はまだ秋映画も観ていないタイミングなのだ。その先に待つエモを知らずに既に大暴れするオタク……いやでも前の日は本編でもオルスタだったしこれよく頭の血管切らなかったな私……。

とかなんとか言いながらも、実はそれと並行して執筆作業もしたり。
この日は一本、小説垢で掌編をあげたのだが、その編集作業のようなことをした。
だいぶ当初の予定では1ヶ月程度でぺろっとシリーズ全編書き上げる予定だったが、まだまだ折り返していない頃……なんならこの記憶を振り返っている12月13日現在も完結していなかったりする。まっこと自分の執筆スケジュール目標は宛てにならない。
まあそれでも、途中で投げ出さずにコツコツ書き続けていられるところは、多少は数年前よりも成長した部分だろうか。
LOVELESS............

閑話休題
その後はプリキュアのことをぐるぐると考えたりしながら、いつもの時間に眠りに就く。


【23日(火)】
却ってこのくらい事実~記録まで期間が空くと、ぼんやりした部分も多くなって独白というか述懐パートも多くなり、何故か記録により人間味が出るというディレンマ。矛盾というほどでも無いけれど。

引き続きレヴュスタとプリキュアのことを考えて生き延びていた。
帰宅後、一昨日のプリキュアを録画で見直し、再びボロボロ泣く。
今クールの火・水曜日はリアルタイムで追っているアニメが無いので、こういう「再視聴」や「録り溜めたアニメの回収」に時間を割けるからありがたい。全体の視聴本数はあまり変化していないが、「なんか毎日リアルタイムしないといかんからごっちゃごちゃになる上に一回見逃すとなかなか回収タイミングが掴めない」みたいな混乱に陥らないので気楽。

まあ、なんだかんだで(主にプリキュア関連で)夜は充実して過ごし、
2時半くらいに寝た(形跡がある)。


【24日(水)】
車を使った業務が発生。
夕方~夜までの外出があったため、残業が確定しており、少々気の重い一日だった。
就職(転勤)した当初は、「運転業務? いいじゃん! ドライブして給料もらえるなんてサイコー」とかそのくらいのテンションだったが、今となっては抱える仕事もそこそこの量になってきたため、「運転業務すると他の仕事が詰まってお尻が伸びるううううううううううううううう」と暗い気分になってしまう。別にお尻が物理的に伸びて暗い気分になるわけではない。誰がお尻パッションリップだ。
でまあ、夜に戻ってきて、そっからまた残務をこなしたりして、21時半頃に退勤。

夜の記憶は無い。というのも、恐らくは23時頃には寝ていたのだろう。Twitterの更新がそこでパタリと途絶えている。
なんというかここ最近は、仕事で2時間以上の運転をすると帰宅後に電池が切れる率が格段にあがってしまうらしいのだ。どんどん自分に体力が無くなってきている証左だよなあ、と思う。体力づくりをしなければ。走り込みはどんどん寒くなっていくこの時期なので当面パスするとしても(この姿勢で既に問題はある)、まあ、ストレッチとか? いやこの10月から12月まで一回もそんなことやってすらいないが。

そんな感じで、寝落ち。
この日からFGOの新ハロウィンイベントも始まっていたのだが、手を出す前に死んでいた。おにおこ。


     *     *     *


ぢゃ、次の更新はまた1ヶ月後くらいかなッ!

10月20日(土)~21日(日)

もはや「日記を書かなくなってから〇日………」とすら思わなくなった模様

マイペースで良くない?(破綻)


20日(土)】
9時過ぎに起床。
起きがけに洗濯機を回したのち、食事をとったり外出準備をしたりしながらウルトラマンR/B16話を見る。纏うは""極""。
で、あとは洗濯を干したら出発だ~と思い、洗濯槽の蓋を開ける。

ティッシュペーパー・パニックになっていた。

最悪!!!!!!!!!!!!!!! と吠えたのち、苛々しながらひとつひとつ洗濯物についたティッシュをはたき落としていく。
一旦全部干してから、床に散乱したティッシュだったものを掃除していった。
最後に洗濯槽内にも残っていたティッシュだったものを掃除。30分以上かかった。そういえば実家暮らし時代おんなじことをやった時に母親がありえないくらいキレていた。そりゃそうだわ。自分でやっても自分にありえないくらいキレるもんね。

で。
予定していた出発時間、新幹線の時間を大幅にオーバーしつつも、13時に出発。
一旦出るも部屋に忘れ物をしてすぐとんぼ帰りをするなど、今日はとことんツイていない――いわゆる「星の巡りが悪い」日だったが、それでもなんとか、変更後の予定新幹線には間に合い、漸く東京へ。
新幹線内では結構寝ていた。それはそう。心身ともに疲れたので。

15時手前に東京へ到着。東京駅・ダンジョンの中、随分と待たせてしまった後輩と合流。申し訳なさ過ぎて上手く会話が続かない。
この日は夕方18時からのオタク・イベント・現場だったが、それまでの約2~3時間、全く予定を考えていなかったため、暫く悩んでから東京タワー方面に向かうことに。
わかりまぁす……。

f:id:orangemillefeuille:20181110171133j:plain
f:id:orangemillefeuille:20181110171153j:plain
f:id:orangemillefeuille:20181110171204j:plain
f:id:orangemillefeuille:20181110171218j:plain

で、行ってきた。

f:id:orangemillefeuille:20181110171234j:plain

これはトップスタァが決まってひかりちゃんがいなくなってから燻っている残りの8人を比喩しているモニュメント(本当?)

東京タワーのレヴューを終了したのち、いよいよりんかい線で劇場のある天王洲アイルへ。
余談だがりんかい線、去年飛行機に乗せられたときに使ったトラウマの線なので微妙にしんどい気持ちになった。いまでこそ笑い話風に語れるが当時の滅茶苦茶苦しい気持ちも忘れてはいないので、まあ、しんどい。

ともあれ天王洲アイル、そして銀河劇場へ。
到着してなお、開演までやや時間があったので、劇場外の川沿いに""円卓""*1を作って待機。30分ほど時間を潰したのち、開場の流れに乗って場内へと入っていった。
場内では、物販でパンフレットを購入し、他の荷物をロッカーに入れたのち、座席へ。後輩のおかげで中段、センター近くの丁度いい席をゲットすることができた。

そして、18時、開演――「少女歌劇レヴュースタァライト The #2 LIVE Transition」を、見届けてきた。
公演は、1部にミュージカルパート、2部にライブパート、という2部構成でのステージだった。

1部ではサイリウム等での応援なし、本当に集中してミュージカルを観賞した。アニメ最終回直後の物語で、他学である青嵐総合芸術院との交流を通じて、終わったはずのレヴューの幕が再び開き、青嵐と、或いは仲間と、或いはより大きな存在と戦う――というストーリーだ。
とにかく物語として面白かったし、アニメで語られなかった各々のコンプレックス、人間関係、想い――そういったものが、すぐ近くで、生の演技で観ることができたのは、すごく衝撃的だった。レヴューのボルテージがあがっていった最高のタイミングで、テーマ曲にもなっている「99 ILLUSION!」がミュージカルで流れてきて本当にキリンになってしまった。わかりまあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

大団円でステージは終わり、しばしの休憩を挟んだのち、2部のライブパートへ。
セットリストは星のダイアローグ→ディスカバリー!→Circle of the Revue→舞台少女心得→Star Divine→Green Dazzling Light→99 ILLUSION!→Glittering starの8曲。
星のダイアローグや舞台少女心得は、漸く舞台で聴けて感無量。GDLやGSも、やはり裏面曲をライブで聴けるのは嬉しい。
99は言わずもがな。ミュージカルの中で聴くのも良かったが、ライブパートという整ったステージで体験できたのもまた乙だった。2番の歌詞で泣いたのは私だけではない筈。
また、個人的に一番好きなCircle of the Revue、青嵐とタッグを組み、ラストのかれひかが通常ver.とはパートが逆になっていたStar Divineの2曲を聴けたのが最高にエモかった。本当に。何回もキリンになってしまかりまあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

魂が抜けた状態で、一緒にキリンになった後輩と劇場を後にし、りんかい線で東京駅まで移動する。
後輩くんがこの日の夜行バスで帰るため、駅すぐそばの串焼き屋で軽く打ち上げる。

財布に実ったたわわな給料
だってのぶさんが金無しだから
私が払ってあげなくちゃ
63回生、オランジュ
私が奢るの ずっと何度でも

22時過ぎ、駅で彼と別れる。
とはいえ次週も、その次の週も会うことになるのだが。……冷静に考えたらすごいな、この関係。
独りになった私は、打ち上げ中にギリギリで取った神田のホテルへ移動。
23時過ぎ、チェックインをし、部屋で「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」からの土曜激アツアニメパートを視聴する。
ホテルには温泉も付いていたので、しっかり身体をほぐしてから入浴しようと思っていたが、SSSS.GRIDMANまで見たところで体力が尽きてしまう。そのため、部屋から出ることもできず、そのまま電気を消し、そのまま睡眠のレヴューへと入っていくのだった。


【21日(日)】
起床のレヴュー(スタァライトロスでこのあと暫く何かにつけて○○のレヴューと言ってしまう病に罹る。わかります。)

ニチアサをしっかり観る。
プリキュア、15周年という節目で、本編でオールスターズ級のものをぶち込んでいく最高の展開。また「オールスターズ」でもあったが、他方でHUGプリでなければできない話でもあったように思う。15年、プリキュアを好きでいて本当に良かった……。

10時にチェックアウト。
そのまま線路沿いに歩いていき、秋葉原へ。街の散策と買い物をし、また、昼には急遽友人と合流し、再度アキバを散策。ライドウォッチを買おうとしたが、どこにも売っておらず断念した。
もうしばらく会わないなーなんて言いつつ友人とは別れる。まあ、なんだかんだで2週間後にまた同じアキバで会うことになるのだが。それがオタクたちの、サガだからッ!

再び独りになったのち、銀座へ。
普段行かない街に行ったのは、そこで観たかった展覧会があったからだ。
夏目友人帳と、猫のダヤンの展覧会を見てきたのだった。
夏目は妹たちが、ダヤンは母が好きで、自分も一緒に観ているうちに好きになってしまったのだった。2つの世界にたっぷりと入り込み、母にダヤングッズをお土産で買ってあげたりした。
その後、すぐ近くの銀座ウインズで馬券を買い(複勝だけ当たった)、のち、流れるように16時過ぎ、新幹線で帰路へ就く。
18時半、帰宅と相成り、夕食を摂りながら録りためたアニメを観ていく。
が、二日間の旅で疲労はピークに達していたため、21時前、なんとなく布団に潜り込んだ直後、眠りに就いてしまうのであった。


     *     *     *


いや1か月以上も更新サボってたのは史上初だ。
すごい!!!(すごく駄目)

*1:いわゆる待機スペース。なぜか我々の待機場所には円状の卓が選ばれることが多い

10月15日(月)~19日(金)

【15日(月)】
20時に退勤(日中の話は覚えていない。休みたい)。
友人や後輩と、Aqours 4thの話をする。私がいろいろと牽引していかなきゃならない連絡事を、諸々すっぽかしていたせいで各所に混乱を招いてしまった。
仕事だときっちりやれるのに、プライベートだとこういう「連絡管理」「時間管理」がてんでだめになるのはなんでだろう。

本性?

23時、Anison daysとアニゲー☆イレブン、そして転スラを視聴。Anison daysがセーラームーン特集で感動してたら次回予告で五條真由美さんが出てきて本当にたまげたし、アニゲー☆イレブンの次回予告では本名陽子さんと引坂理絵さんが出てきてマジモンにたまげた。もう完全に変身ヒロインに生殺与奪を握られてしまっている。

その後、興が乗ったので執筆に集中していたらいつの間にか26時半を回っていたのでおしまい! となり、そのまま眠る。


【16日(火)】
復刻とはいえFGOイベントを全然やっていないので休みたいな~~~と思いながら出勤。
日中ひたすら眠かったが、昼前から夕方過ぎまでずっと運転、外での仕事をしていたため、余計に疲れてしまった。
更に、半日以上外出していたため、必然、内での仕事がたまってしまい、帰社してからそれらをこなさなければならない事態に。結果、定時退社なんてできるはずもなく、退勤は21時過ぎまで待たなければならないのであった。

で、21時半過ぎ、漸く帰宅と相成る。
やがて君になる」2話を視聴。怖い。1話はしんどい作品だと思っていたら2話はただの怖い話だった……怖い……。


こんなことになっちゃうなんて、本当に怖いね。

夜中、何故かニコニコ動画ゾンビランドサガ2話をもっかい観てしまう。OPとラップバトルが気持ち良すぎる。
のち、ユリシーズ寄宿学校のジュリエットを観て、1時過ぎ、仮眠を取るつもりでそのまま朝まで寝てしまうのであった*1


【17日(水)】
出張だあああああああああああああああああああああああああああああ出張。

日中はひたすら仕事をする(夕方~翌日いっぱい外にいて何もできないので)。
で、16時に出張へ……出るはずが、同行者と自分の仕事の都合で、結果、会社を17時に発つ。同行者は私の他に3人だった。
車での長時間移動だったため、行く前にしっかり支度を整え、高速に乗り、3時間、ナイトドライブを決行した。

出張先に着いたのは21時過ぎ。途中まで自分が運転していたが、到着した時は先輩に代わっていた。
チェックインを手早く済ませたのち、翌日世話になる協力者2名と落ち合い、食事へ。これ、という特産品の無いイメージだった出張先だったが、とにかく海産系が美味しかった。海の幸好きとしては非常に嬉しく、話も弾む夜だった。
23時手前に店を出て、二次会に行く人も出つつも、私はそのまま帰宅……となろうとしたが、そこで同行者がうっかりカラオケなんぞを見つけてしまい、そこから恒例の大変な夜が始まる。

最初は歌えるということもあってそこそこ馴染んでいたが、途中で合流した人含め諸々酒の勢いが蔓延してしまってからが困難だった。本当に……本当にああいうアルコール入りのテンションに慣れない。子供だからだろうか。いやでも次の日大事な仕事があるのに金曜の夜みたいに真夜中まで騒ぎ散らかす方も方で大人ではないと思うのだが。

結局よくわからないまま25時過ぎまでボックスに居、よくわからない流れで解散と相成る。
大人気なくも機嫌を斜めにしたりして、再チェックインして少し休んだのち、再三外に出てコンビニで水とゼリーを購入。
あとは部屋にこもり、シャワーを浴び、明日の準備……などすることもなく、なんだか悶々としながら27時手前、眠りにつくのだった。


【18日(木)】
出張だあああああああああああああああああああああああああああああああああああ二日目。

いつもよりも早くからの仕事。ホテルで朝食を済ませ、皆と合流し、仕事場へ移動し、働き始める。
今回の業務、そこそこバタバタすることが多かったように思う。イレギュラーな事態や、業務伝達のミス、ハプニング等が重なり、いつも以上に結構イヤな汗を掻く場面も多かったように思う。
それでもまあ、幸運にもというか、誰しもフェイタルなミスをすることだけは逃れ、夕方、無事に任務を完了する。

片付けなどを終え、17時、仕事相手や協力者の方とも別れて、一行は帰りがてらラーメン屋へ。
このラーメン屋、数か月前に一度出張へ来た時も寄ったのだが、地元で人気がある&非常に私好みの味で、大変に満足のいく〆の一杯を頂くことができた。仕事上がりはビールではなくラーメンスープを呷りたいタイプの人間だ。
店の人気ゆえか、ラーメン屋で別れたはずの仕事相手にばったり会う、というサプライズもありつつ、こちらはこちらで19時手前に帰路へ就く。
帰りは前半先輩、後半私運転の予定で出発したのだが、意外にも先輩の興が乗ったらしく、結局通しで彼女にハンドルを握らせてしまう。

私は3分の2以上後部座席で爆睡してた。

疲れたんだもん。
22時過ぎに帰社。荷物周りを簡単に片づけるくらいにして、23時手前に帰宅。私のライフはもうくたくた。
で。風呂に入ったりゾンビランドサガ3話を観てアイドルガチ勢になったりしたのち、寝る。


【19日(金)】
日曜日が実質仕事だったから長かったといえば長かったし、約半日分移動で出張業務もあったから短かったといえば短い――そんなよくわからん一週間の〆日。
この日はこの日で、デカいプレゼンテーション的な仕事が夕方に待っていたため、そちらでバタバタな一日だった。
また一方では、上司から呼び出しをくらい、個室で怒られた――のではなく。
年上の方々の業務分掌や業務態度について、いろいろな問題(というか課題)があり、どうすればいいと思う? 的な相談を受けてしまった。
一番後輩なのにオカンに妹の相談されるお兄ちゃんみたいな立ち回りをしたりした……。
周りがバタバタしているのは当然気付いているし、上の懸念もよく伝わってくるし、一方では私も私でそこそこあっぷあっぷになることも最近増えてきたので、ええと、どうすればいいんだ? となりかける。
まあなるようにしかならないのだろうが。実際「なるようにしかならんですねえ」的なことを言った気がする。無責任!(最後輩なので)

さておき、件のデカい仕事は、夕方、なんだかんだありつつも無事完了。結果待ちとなる。
他の業務もその勢いで終わらせ、20時半、退勤と相成る。


スタァライト、しちゃいます!(人生の伏線)

また帰宅後は、22時から境界線上のホライゾンの生情報番組があったため、そちらを視聴。
ホライゾンは私の人生(という名の執筆活動)に強く影響を与えた作品のうちの1つなので、番組での話ひとつひとつが非常に興味深かった。再来月発売のBD特典映像なんかも観れたりして、うん、いろいろ最高だったな……! という感じ。

生番組を見届け、日付が変わったのち、禁書目録やがて君になるを視聴。
金曜の夜の疲れてるときに感情を根こそぎ攫っていくアニメラインナップ本当に怖い…………。

本当はもう少し夜更かしをして、翌日の準備などをするつもりだったのだが、
感情を根こそぎ奪われてしまったため、26時すぎ、数時間後の自分に全てを託して布団にもぐりこむのだった。

*1:この頃から、いつもに増してこの日のような「仮眠を取るつもりで結果朝まで寝る」事例が急増してしまう。